坂根工務店

TOP > 坂根工務店の歴史

坂根工務店の歴史

Architect of MAIZURU 2013


重要文化財 舞鶴赤れんがパーク グランドオープン

 

創業170周年記念講演会~奥野史子トークショー~


年輪のごとく積み重ねられた伝統

風雪に耐えて、長い歴史の中で刻まれてきた年輪は、私たちに木肌の持つやすらぎと限りなき郷愁を感じさせます。
天保10年より、年輪のごとく積み重ねられた伝統に、21世紀の技術をプラスして住む人、自然に優しいわが家をお届けします。

1839年
(天保10年)
初代利助が本家善衛より分家、舞鶴市引土新に於いて創業

2代 利七が継承舞鶴市京口へ移転

3代 坂根利三郎 継承

4代 坂根文吉 継承
1964年
(昭和39年)
5代 坂根利一郎が継承
1973年
(昭和48年)
事務所、工場を現在の舞鶴市森184-3  に移転、新築
1976年
(昭和51年)
協力業者会「匠会」設立
1980年
(昭和55年)
株式会社坂根工務店設立  代表取締役社長 坂根利一郎  資本金7,000,000円
1981年
(昭和56年)
増資 資本金 15,000,000円
1988年
(昭和63年)
増資 資本金 20,000,000円
1991年
(平成3年)
新社屋完成
1997年
(平成9年)
安全衛生協議会設立
1999年
(平成11年)
坂根利一郎が会長に、坂根功一が社長に就任
2009年
(平成21年)
創業170周年記念講演会開催