Tel.0773-63-2315

受付時間:8時~18時 / 定休日:日曜・祝日・一部土曜

※事前に連絡いただければ定休日も対応いたします

タップして電話をかける

CLOSE

「こんな家がいい!」
新築を決めた後、ある家を見て直感!
すぐに、家づくりの方向性が定まったというI様。
その一目惚れした家を土台に、ご夫婦のこだわりをたくさん積み上げられたお家です。

HIGHLIGHT

色と素材にこだわった ポップな外観

外壁はこだわりのクリムゾン(深紅)カラー。
理想の質感を出すために、外壁材の幅までご指定に。

玄関ドアも。そして、室内にもたくさんのこだわりが。
けこみ板のないストレートの階段。アイランド型のキッチン。
電球タイプの電灯、等々。

それら多くのこだわりを、一つひとつ実現していきました。

例えば、外壁。色、素材ともご希望にフィットしたモノを調達。

特にこだわりの強かったリビング階段。
けこみ板のない階段は、どうしても強度が不足します。
なので数段、けこみ板を付けざるをえないことも。
しかしそこを、木組みの技術で補完。
ご要望通り、けこみ板のない階段を実現。
もちろん、安全性も十二分に達成。
頑丈で、安全な階段になっています。

室内はログハウスの雰囲気に。
これが、そもそものこだわりポイント。
木に囲まれた空間をしっかり実現しています。

 

B37-0597

INTERVIEW

“こんな家にしたい!”を実現したお家

とてもオシャレなご夫婦。とてもかわいい2人のお嬢様。
家の中にはちょっとレトロな小物がカッコ良く、今風にアレンジして飾られています。
“暮らしを楽しんでいらっしゃる”という印象を受けるI様のお宅に、

家を建てようと決められたきっかけは?

結婚以来ずっと「家を建てよう!」と奥様が言い続け、やっとご主人がその気になったのが1年前。I様の家づくりのスタートでした。でも、これといって大きなきっかけがあったわけではなく、「子どもも大きくなるし、やっぱりそろそろかなぁ・・・」という感じだったそうです。

展示場に行って「これだ!」

そんな感じでスタートした家づくりでしたが、方向性が決まるのはとても早かった。以前から気になっていたある展示場に行った時のこと。入るなり、「これだ!」とご夫婦共に直感。「どんな家にするか?」の土台が決まった瞬間でした。

その後はその土台に、ご夫婦の「こだわり」を積み上げていくようなイメージだったと。

実際に住んでみていかがですか?

こだわりの詰まった家は、やっぱり「住み心地がいい」そうです。
「いつもLDKで過ごしています、2階は寝るだけ」だと。

特に良かったところをお伺いすると、まずはキッチンだと。
「アイランド型にしたので、キッチンへの出入りがとても楽」とは奥様から。
食事をしながら、「あっ、小皿がいる!」という場合も、さっとキッチンに入れる。
両サイドから出入りできるので、キッチンに2人立ってもぜんぜん狭くない。

この取材でお伺いした時に、実際にキッチンを見せて頂きました。両サイドが空いているのは本当に動きやすそう。
それに、キッチンの腰板が目隠しになって、生活感を隠してくれています。いい感じです。

ちなみに、キッチンの背後にはシンプルな食器棚を設置。
そこには、篠山で購入されたというとても上質な食器が置かれていました。
これも、すごくいい感じ。オシャレなカフェのような雰囲気です。

やっぱり階段は良かったと。「この感じがすごく気に入っている」そうです。
“この感じ”とは、けこみ板がなく、がっちりとした木組みが全開になっている階段。どっかりとリビングで存在感を見せています。

トイレも大満足のポイント。打ち付けのコンクリート模様のクロスに鉄の床。
そこにデビュー当時の宇多田ヒカルのポスター。もうオシャレなバーのトイレです。

LDKには、ポール・マッカートニーの大きなポスターが。ご主人が、ヤフオクで購入されたのだと。
えっ!高かったんじゃないですか?
はい。高かったそうです。奥様は大反対で。
(わかるような気がします。すみません(笑))

“こんな家にしたい!”を実現したお家

家の隅々までたくさんのこだわりが施された、本当に手をかけたお家という印象でした。ご夫婦で理想を実現された大満足のお家。子ども達も新しいお家に大満足。パパやママが大満足の家は、子ども達にも誇りのお家。そんな印象を受けた取材でした。

I様、たくさんのお話をありがとうございました。

CONTACT US

坂根工務店の家づくりに興味のある方は
お気軽にお問い合わせください。

Tel.0773-63-2315

受付 8:00~18:00 ( 定休日:日曜/祝日/一部土曜 )

※事前に連絡いただければ定休日も対応いたします